顔に出来るニキビについての原因と対策

ニキビはできる場所によって違う理由があり、身体の健康状態を教えてくれる。

ニキビは厄介だけど、大事なことを教えてくれるのです。

 

ニキビにならないようにスキンケアを心掛けていても、なぜか出来てしまって悩まされます。そう感じている人は、たくさんいます。しかもニキビって一度できると気になって鏡ばかり見てしまい、大事なことをするときの足を引っ張ってしまいます。なんとも厄介な存在です。出来る場所も決まっていないし、どうしてここに出来るの?と思ってしまいます。非常に悩まされるので、ニキビなんてなければと思ってしまいますが、出来る場所にはちゃんと違う理由があり、体の健康状態を知らせてくれています。

 

おでこや鼻のニキビについて

 

おでこや鼻に出来るニキビは、代表的なもので、おでこの場合は、思春期に出来やすい部位です。この2つの場所は、Tゾーンと呼ばれて、皮脂分泌が活発で、毛穴が詰まってしまうことが原因です。対策として、あぶら取り紙でこまめに油を取り除きます。特に鼻は毛穴が多く、詰まりやすい箇所なので、化粧の厚塗りは出来る限り控えます。外出する際は仕方がないですが、自宅にいるときは化粧を落としてすっきりさせます。そして、角質が厚くなりやすい部分でもあるので使う洗顔料も、ターンオーバーを正常化するピーリング石鹸を使うと効果的です。

 

頬や口周りに出来るニキビは要注意

 

次は、体からの大事なサインであるニキビについてです。頬や口周りに出来るニキビは、自分がしてきた生活習慣を見直すきっかけになります。

 

頬に発生するニキビは、体が冷えている、便秘、脂っぽいものを食べすぎている、というのを教えてくれています。見つけたら、めちゃくちゃな食生活をしなかったか振り返ってみてください。そして、運動をしっかりしているかどうかも問いかけてください。運動もしないと、体の血流が悪くなって冷えやすくなります。対策として、野菜中心の食生活をします。ごぼうやサツマイモは食物繊維が豊富なので便通を改善してくれます。腸内環境を良くする納豆やヨーグルトもおすすめです。運動のほうもしっかりと行います。

 

激しい運動でなくてもいいので、適度なウォーキングを心がけます。口周りに発生するニキビは、胃腸が弱っているサインです。これを無視して好きなものを食べ続けると、いつまでも治りません。対策として、胃を休ませます。胃に負担をかけないおかゆに変えてみる、胃腸薬を飲むのが効果的です。

 

顎ニキビにはメルライン