白ニキビの日常的ケアにはイソフラボンが含まれた化粧水

白ニキビの日常的ケアにはイソフラボンが含まれた化粧水

思春期ニキビは皮脂が分泌されすぎて、毛穴が塞がってしまうのが原因です。

 

大人になってもニキビが出来る理由は子供より肌が乾燥しやすく、古い角質が剥がれないから毛穴を塞いでしまうということと、もう一つ、ストレスによる男性ホルモンの過剰分泌で皮脂まで分泌が多くなり、毛穴が詰まる角栓ができやすいからです。これが大人ニキビです。

 

ニキビは初期は角栓ができてしまって白ニキビができます。それから角栓で塞がれてしまった毛穴の中で皮脂がどんどん溜まり、そこにアクネ桿菌が皮脂を食べて大繁殖、そして白ニキビを放置しておくと炎症が起こり、赤ニキビになってしまう。赤ニキビを放置しておくと膿んでしまい、黄色ニキビへと悪化し、さらに黄色ニキビを放置しておくと毛穴の中に膿だけでなく、血まで溜まってしまい、紫ニキビへと悪化してしまいます。

 

黒ニキビは毛穴の中に溜まった皮脂が表皮から溢れ出て、空気に触れて黒色に酸化したもの。白ニキビの次の段階が黒ニキビです。
ニキビは進行しないように、早めに治療をするべきです。
治すのにできるだけお金を掛けたくないというのならば、蒸しタオルがおすすめです。

 

少し熱いと思うぐらいの温度の蒸しタオルを顔にのせると、湯気でゆっくり毛穴が開きます。
蒸しタオルで毛穴を広げたあとは洗顔をしましょう。ニキビ用の殺菌化粧水があればそれを使用し、それから保湿すると効果的です。
白ニキビの段階でしたら毛穴を開いて皮脂を出し、保湿すれば治りやすいです。

 

白ニキビを気になるからと雑菌がついた手で触ってしまうと、赤ニキビへと進行してしまいます

 

黄色ニキビになってしまった場合は黄色ブドウ球菌が入り込んでしまって膿むほど炎症が進行しているということですから、自己流で治すのは難しいです。皮膚科に行き、内服抗生物質を処方してもらうと、炎症を抑えることができます。
一番効果的な治療法は「ホルモン療法」です。男性ホルモンを抑えることで、肌状態も改善されます。

 

自分でできる日常的ケアの代表として挙げられるのはイソフラボンが含まれた化粧水を使うことです。なんとイソフラボンは女性ホルモンとほぼ同じ働きをするのです。イソフラボンは特定保健用食品としても販売されているので使用してみてはいかがでしょうか。